〜 旅行会社・トラベル遊の倒産に
  学ぶ、航空券購入の再検証 〜
  
 
  
払うからには旅に出る!
   
   

はらたびドットコムのトップページへ
トップ倒産時の措置>発券完了

 

再検証!!
   旅行会社倒産を知ったときにとるべき措置
           −「基本的にJATA」―
 
 
 ■ 「基本的に『JATA』が管轄だからそちらへ」・・・
 
      
    「トラベル遊・管理人の場合」のところでも触れましたが、
    料金は払ったのだし、振込みの領収書もあるから、
    旅行会社がどうにかなっても、
    「航空会社か発券会社でなんとかお願い、飛行機に乗せて」
    という期待は甘すぎました。

    予約だけ入れて代金を払わない旅行会社に対して、
    航空会社・発券会社も被害者なのです。
    彼らからは、「申し訳ありませんが、もう一度代金をお支払い
    いただかないと、飛行機にはご搭乗できません」

    また、それ以外に連絡した地元の消費者相談センターや、
    AB-ROADホットラインでも「JATAの連絡先は・・・」
    といわれますが、そんなことは一番最初にやっています。

    そして肝心のJATAは・・・・
      「1億円以上の被害額に対して、弁済金は全体で450万円」
                           −だめだ、こりゃ。

    
← 戻る  進む →
 
 このページの一番上へ
  
 
 
トップトラベル遊航空券購入流れ倒産時の措置購入時の危険回避比較サイトの比較皆様の対策