〜 旅行会社・トラベル遊の倒産に
  学ぶ、航空券購入の再検証 〜
  
 
  
払うからには旅に出る!
   
   

はらたびドットコムのトップページへ
トップ倒産時の措置>JATA弁済金の根拠は?

 

再検証!!
   旅行会社倒産を知ったときにとるべき措置
        −JATA弁済金の根拠は?ー
 
 
 ■ JATA弁済金の根拠は?
 
      
    日本旅行業協会(JATA)のHPでも、トラベル遊の件について
    弁済額は総額で450万円が限度とありますが、そもそもこの「弁済」って
    どういう制度で、その金額の根拠は?と思いませんか?

    そこで調べてみました。
    本制度は、「弁済業務保証制度」で、協会の正会員である
    旅行会社(この場合トラベル遊))が倒産により旅行が実施されない事態に
    陥ったとき、旅行会社に代わって、弁済業務保証金から一定の範囲で
    消費者に弁済する手続を行う制度だそうです。

    弁済限度額は旅行会社の登録種類や年間の取引額により異なり
    (旅行業約款に規定)、規模の大きい会社は保証額も大きくなりますが、
    その分利用者も多いので、実際問題これで消費者を救済できるかどうか、
    という点から考えると、「弁済」といえるのかどうか・・・?
    
← 戻る 
 
 このページの一番上へ
  
 
 
トップトラベル遊航空券購入流れ倒産時の措置購入時の危険回避比較サイトの比較皆様の対策